複数の業者に査定を依頼しよう

ブランド品買取業者は無数にあり、競争もすごい

まだインターネットがなかった頃は今ほどブランド品買取業者が多くはありませんでした。しかし、インターネットの発達により狭い商圏ではなく全国を商圏にしたビジネスをできるようになったため、店舗を持つ買取業者が宅配便を上手に利用してオンラインでの買取事業を開始するケースが激増しています。そして、相変わらず日本の人々はフランスをはじめとした海外ブランドを強く崇拝し続けているため、たくさんの業者がオンライン事業を通じて業績を伸ばし続けています。一方で、参入障壁が低くてどんどん新事業者が参入してくるため業者間の競争も激化しており、競争の激化の中で、どんどんサービスレベルが上がって消費者(売却希望者)にとって有利な状況になってきています。

事前見積もりが大事になる

業者間の競争が激化する中で、各業者は自社の利益より先にまずは売却希望者が安心してブランド品を売却できる環境を作るように努めてきました。その中でも、商品の宅配便で送る前に事前見積もりをしてくれないような不親切は淘汰されていき、メールや電話を通じて品番や状態を告げることで無料査定してくれて大体の見積額をおしえてくれる業者が増えています。そして、見積額に関する回答をもらったあと気に入らなかった場合にわざわざ断りの連絡を入れるような必要もありません。そのため、様々な評判をみて3つから5つくらいに売却したい業者を絞り込むことが出来た場合は、各業者に対して気軽に査定をお願いして回答をもらい、一番高い額を提示してくれた業者に買い取ってもらうような形がおすすめです。